muroyanの日記

ピアニスト、作曲・編曲家、むろやんのブログ

オーケストラで歌う青春ポップス 身延町公演

muroyan2016-09-10

 本日、2016年9月10日は、「オーケストラで歌う青春ポップスコンサート」本番があり、山梨県の身延町総合文化会館ホールに行ってきました。(身延町>みのぶちょう。)今日のピアノは、スタインウェイでした。
 太田裕美、渡辺真知子、庄野真代、3氏によるジョイントコンサートで、今回で6回目です。回を重ねるごとに、見えてくるもの、アンサンブルの難しさ等を、いろいろ感じます。
 早々に売り切れた本日の公演チケット、会場は満席、いっぱいのお客様でした。たくさんの手拍子をいただけました。
 今日は何と言っても、渡辺真知子さん2016年新曲「ときの華」を、舞台に乗せられたことで喜びいっぱいです。楽譜やパート譜は仕上がっていたのですが、いきなり今日の舞台で練習、本番に乗せられるかは、当初は誰にもわからない状況でした。しかしそこはN響団友オーケストラ、オーケストラでの抜き稽古、真知子さんを加えての練習、さらに最後に再リハーサルで、見事(自分で言うのもあれですが)、本番で披露することができました! 真知子さんも、アレンジした僕を立たせて本番で紹介してくださり、感無量でした。帰りのバスで真知子さんにお聞きしたところ、ライブやコンサートでの披露は、今日が初めてだったそうです。(クラシックの世界でいう、「世界初演」ですね。)本当にうれしかったです。
 今日も、共演者の皆さんから、僕の演奏に対して、いろいろとアドバイスいただき、自分なりに解釈しました。より良い演奏をすることは、本当に難しいけれど、まだまだこのコンサートシリーズは続きますので、精進していきたいです。
 太田裕美さんが、MCの中で彼女のデビュー曲「雨だれ」のお話をなさることがよくありましたので、今日はそのくだりで、「雨だれ」のイントロを少し弾いてみました。裕美さんも、気がついてくださいました。(というか、待ち構えていました。)
 今日の「ブルー」イントロは、「いちどだけ冒険者」からの流れでした。真知子さんも、気づいてくださいました。(帰りのバスで言われました。)クラシックの世界では人気のある手法、「引用」によるものです。
 そんなこんなで、本番では色々ありましたが、無事終演することができてほっとしました。帰りのバスでは渡辺真知子さんのお隣に座って、皆さんといろいろなお話をしたり、聞いたりしました。おいしいワインや、庄野真代さんからの「ぶどう」が素晴らしかったです。太田裕美さんからは甘いものをごちそうになりました。(ありがとうございました。)
 次回公演は来月、茨城県ですが、チケットは売り切れております。楽しみにお待ちいただければと思います。
 本日ご来場の皆さま、キャストの皆さん、スタッフの方々、本当にありがとうございました。お疲れさまでした!
●歌手3名のオープニング
♪唇よ、熱く君を語れ
♪Hey Lady 優しくなれるかい
♪南風
●渡辺真知子さんステージ
♪迷い道
♪ブルー
♪愛(いのち)のゆくえ
♪かもめが翔んだ日
♪ときの華(新曲、初演)
●庄野真代さんステージ
♪飛んでイスタンブール
♪モンテカルロで乾杯
♪アデュー
♪月夜のワルツ
♪Be yourself
●太田裕美さんステージ
♪赤いハイヒール
♪九月の雨
♪Romanticが止まらない(C-C-Bのカバー)
♪木綿のハンカチーフ
♪さらばシベリア鉄道
●アンコール
♪夢で逢えたら
♪翼をください
(全曲、室谷章オーケストレーションによる。)