muroyanの日記

ピアニスト、作曲・編曲家、むろやんのブログ

オーケストラで聴くジブリ音楽 上越市

 2019年5月18日、令和になってから初の「オーケストラで聴くジブリ音楽」コンサートがあり、N響団友オーケストラの一員でピアノを演奏してきました。今日の会場は新潟県上越市の「上越文化会館」でした。ピアノはスタインウェイでした。

 歌のゲストには、井上あずみさん、木村弓さん、本名陽子さんをお迎えしました。

 今日は僕は、リハーサルも本番も、少しミスをしてしまったけれど、体調もよく、本番に臨むことができました。いろいろなことを考えながらピアノを演奏していました。

 客席には小さな子どもさんも多かったですが、驚くほど静かに聴いてくださりました。そのため、「アシタカとサン」では思い切って、思い切り ppp で演奏を始めました。客席の緊張感が増したかも。

 本番は本番のテンションで、アドリブも交えながら進めることができました。

 今日は、僕の友人、Oさんもいらしてくださりました。本日ご来場の皆さま、キャスト・スタッフの方々、ホールの人たち、どうもありがとうございました。お疲れさまでした。

 今日の写真は、休憩中に井上あずみさんとの1コマです。

♪プロローグ 出会い(天空の城ラピュタ)
♪グランマドーラ(同上)
♪君をのせて(同上)★
♪人生のメリーゴーランド(ハウルの動く城)★
♪世界の約束(同上)★
♪カントリー・ロード(耳をすませば)
♪デッキブラシでランデブー(魔女の宅急便)★
♪オソノさんのたのみ事(同上)
♪海の見える街(同上)
♪いつも何度でも(千と千尋の神隠し)
♪となりのトトロ(となりのトトロ)★
♪さんぽ(同上)★
♪アシタカせっき(もののけ姫)
♪アシタカとサン(同上)
♪もののけ姫(同上)★
♪風の谷のナウシカ(風の谷のナウシカ)★
♪遠い日々(同上)★
アンコール
♪崖の上のポニョ(崖の上のポニョ)

★・・・僕がオーケストレーションした曲。

f:id:muroyan:20190518155016j:plain

 

ポピー・ハッピースクエア 2019 (鴻巣市)

 この日のことではありませんが、「日本一のポピー畑」ポピー・ハッピースクエアを見物しに、地元の花畑へ行ってきました。(父に車で連れて行ってもらいました。ありがとうございました。)

 まさに満開で、赤や黄色のポピーがかわいらしかったです。平日だったのでそれほどの混みようでもありませんでした。

 久しぶりにポピー・ハッピースクエアを訪れましたが、行ってみてよかったです。

f:id:muroyan:20190516173619j:plain

f:id:muroyan:20190516173624j:plain

f:id:muroyan:20190516173755j:plain

f:id:muroyan:20190516173800j:plain

f:id:muroyan:20190516173453j:plain

f:id:muroyan:20190516173456j:plain

f:id:muroyan:20190516173505j:plain

 

映画クレヨンしんちゃん 2019

 この日は、映画クレヨンしんちゃん 新婚旅行ハリケーン ~失われたひろし~、をこうのすシネマで観てきました。1人で鑑賞しました。公開から結構日がたっているので、客席は僕1人だけの貸切状態でした。

 映画クレヨンしんちゃんは、ここ数年は劇場でもレンタルでも観ていなくて、その前の2年間は映画館には行ったものの、僕が眠くなって寝てしまい、まともに観ていない状態でした。ですのでこの日、体調もよく最後まできちんと観られたことはラッキーでした。

 映画の方は「夫婦の絆」が大きなモチーフとなっていて、もちろんクレしんなので(いい意味で)おバカなシーンも多かったけど、とても楽しめました。よかったです。

 しんのすけと、野原ひろしの声優さんが交代していたのは知っていましたが、驚くほど違和感がなかったです。

 劇中歌で MISIA の Everything が使われますが、そのヴォーカルがならはしみきさん! (みさえ役の人。)なかなか聴かせるヴォーカルでした。

 来年(2020年)も、映画クレヨンしんちゃんはあるそうです。今から楽しみです。次回も絶対観に行きたいです。

f:id:muroyan:20190417171813j:plain

 

ブラジル先住民の椅子 (埼玉県立近代美術館)

 この日は、埼玉県立近代美術館で企画展「ブラジル先住民の椅子」を観てきました。音楽仲間のKさんとご一緒しました。

 会場は撮影自由でしたので、いっぱい写真を撮りました。

 抽象彫刻のような椅子や、動物を模した椅子など、フォトジェニックな椅子がいっぱい並んでいてかわいらしかったです。壮観でした。

 女性客の割合が非常に多く、皆さんカメラや携帯片手に撮影していた様子でした。

 常設展も充実していました。今回はピカソの静物画はなかったです。

 企画展、常設展見学後、館内のカフェでお茶しました。(ごちそうになりました。ありがとうございました。)Kさんといろいろお話もできてよかったです。

f:id:muroyan:20190515160600j:plain

f:id:muroyan:20190515160658j:plain

f:id:muroyan:20190515160308j:plain

f:id:muroyan:20190515160327j:plain

f:id:muroyan:20190515160344j:plain

f:id:muroyan:20190515160355j:plain

f:id:muroyan:20190515160553j:plain

 

舞台 : 死んだら流石に愛しく思え (MCR)

 この日は、MCR公演「死んだら流石に愛しく思え」の舞台を観てきました。(作・演出・出演:櫻井智也)会場は下北沢のスズナリで、公演6日目のソワレを拝見しました。

 全席自由だったので、早くから到着して、かぶりつきの一番いい席で観劇しました。MCRの舞台は何度も拝見していますが、かぶりつきは初めてだったかも・・・。

 開演前に櫻井さんが降りてきたので、写真を一緒に撮ってもらいました。

 さて、舞台の方ですが最近のMCRらしい、深く、考えさせられる台詞満載でよかったです。笑いも豊富にありました。

 実在した連続殺人鬼にモチーフを得た物語で、愛とは何か、死とは何か、について深く掘り下げていました。いろいろと考えさせられました。

 テレビドラマとも、映画とも違う、舞台ならではの魅力が詰まったものでした。よかったです。

 公演は、明日まで。

f:id:muroyan:20190514174055j:plain

 

日本科学未来館 2019.05.13

 この日は、お台場にある日本科学未来館に行ってきました。友人のHくんとご一緒しました。

 企画展、常設展、そしてプラネタリウムを見学しました。

 企画展は「工事中!」というタイトルで、重機(ブルドーザー)などの実物展示が多く、迫力があってよかったです。いっぱい写真も撮りました。重機に対する理解が深まりました。

 常設展は、早足で見学しましたが、人類の未来や、宙に浮かぶ大きな地球儀など、よかったです。アーティスト宮島達男氏の作品がありました。

 プラネタリウムは、2本のプログラムを見ました。「9次元から来た男」は前にも観たことありました。「バースデイ」もそうだったかも。どちらの番組も、3Dメガネをかけて鑑賞します。迫力ある映像でした。銀河の説明では、宇宙に対するロマンがかき立てられました。

 久しぶりの日本科学未来館でしたが、楽しめました。よかったです。

f:id:muroyan:20190513122259j:plain

f:id:muroyan:20190513122426j:plain

f:id:muroyan:20190513122509j:plain

f:id:muroyan:20190513122622j:plain

f:id:muroyan:20190513125546j:plain

f:id:muroyan:20190513150337j:plain

f:id:muroyan:20190513122148j:plain

 

八潮のおじちゃん 四十九日法要

 今日は、八潮のおじちゃんの四十九日法要があり、おじちゃんちに行ってきました。

 今回も、僕の父親が式を執り行いました。(袈裟を着ました。)みんなでお焼香したり、父の話を聞いたりしました。

 親族だけの、こぢんまりとした法要で、おじちゃんを偲ぶことができてよかったです。

 みんなでお昼をいただき、その後、うちの妹が持ってきた、昔撮影したビデオ(DVDに焼いたもの)を観て、感慨にふけりました。まだブラウン管テレビがある我が家のリビングで、在りし日のおじちゃんやうちの母親が、みんなで談笑、盛り上がっていたり、孫たちが小さい頃、東松山の子ども動物自然公園(動物園)で遊んでいたりする映像でした。僕もちょっと映っていました。

f:id:muroyan:20190414150035j:plain

 

100本のスプーン (東京都現代美術館レストラン)

 先日、リニューアルオープンした東京都現代美術館を見学した際、同館のレストラン「100本のスプーン」に立ち寄り、お食事をしました。(ごちそうになりました。ありがとうございました。)

 美術館のレストランも新規オープンということで、気合いが入っていました。

 実質、メニューはコース料理しかなかったので、それを頼みました。

 野菜などの素材も良かったし、インスタ映えするような盛り付けには感心しました。味もたいへん美味しかったです。(ビーフシチューなど。)

 ただ、盛りが少なくて、量的にはちょっと食べ足りなかったかな。それだけクリアできたら・・・。

 美術館のレストランらしく、インテリアにも凝っていて、自分たちの姿が美術品のように映るモニターとか、いかにも「アート」らしいオブジェなどがあったりしました。(今日の写真。)

 行ってみて、よかったです。席もゆったりしていました。

f:id:muroyan:20190414172023j:plain

f:id:muroyan:20190414164323j:plain

f:id:muroyan:20190414164854j:plain

f:id:muroyan:20190414165501j:plain

f:id:muroyan:20190414165712j:plain

f:id:muroyan:20190414171238j:plain

f:id:muroyan:20190414171312j:plain

 

2つの「クリムト、シーレ展」 (東京都美術館、国立新美術館)

 この日のことではありませんが、今春、東京で開催されている2つの「クリムト、シーレ展」を観てきました。いずれも友人と2人で見学しました。

 先に観たのは東京都美術館のクリムト展で、世紀末ウィーンの爛熟した世界を垣間見ることができ、収穫でした。

 後に観たのは、国立新美術館のクリムト、シーレ展で、こちらはハプスブルク家の美術品から紹介するという、たいへんスケールの大きい展覧会でした。クリムト作品の他、いくつかのシーレ作品も展示されており、大変興味深かったです。

 まぁ、「接吻」(クリムト)とか「死と乙女」(シーレ)なんかは、門外不出だろうから、永久に来日することはないんでしょうけれど・・・。

 2つの展覧会を通じて、クリムト、シーレに関する理解が深まりました。

 今日の写真は、顔抜きは東京都美術館で、作品は国立新美術館でのものです。

f:id:muroyan:20190511100950j:plain

f:id:muroyan:20190426125621j:plain

 

長崎県対馬市、壱岐市の風景印 (コンプリート)

 郵頼(ゆうらい)にて、長崎県対馬市と壱岐市の風景印をコンプリートしました。以下、郵便局名を列記します。(順不同。)

 鹿見、郷ノ浦、芦辺、豆酘、浅藻、佐護、鰐浦、佐須奈、厳原宮谷、勝本、鶏知(けち)、鴨居瀬、石田、竹敷、壱岐国分、峯、厳原、壱岐瀬戸、以上18カ所。

 郵便局によっては、押印の仕方があまり巧くなかったり(切手にかすめるようにして押してくれない)、あろうことか風景印のほかに通常の消印も押して(二重押印)よこしたりとか、大変でした。(二重押印はしないでねと、郵頼の折に別紙で注意書きの文書を同封しているにもかかわらず、です。)

 津島市も壱岐市も、離島だと思うので、なかなか行く機会もなさそうで、ちょっとした旅行気分になりました。ツシマヤマネコの風景印はかわいかったです。

f:id:muroyan:20190512043924j:plain

f:id:muroyan:20190512043930j:plain

f:id:muroyan:20190512044011j:plain

f:id:muroyan:20190512044021j:plain

f:id:muroyan:20190512043851j:plain

f:id:muroyan:20190512043859j:plain

f:id:muroyan:20190512043905j:plain

f:id:muroyan:20190512043911j:plain

f:id:muroyan:20190512043917j:plain

 

空海 祈りの形 (東京国立博物館ミュージアムシアター)

 この日のことではありませんが、東京国立博物館ミュージアムシアター「空海 祈りの形」を観てきました。映画通の友人、シネキチくんと鑑賞しました。

 これは、ナビゲーター付きの映画(映像作品)といったもので、空海の理想とした世界を解りやすく解説していました。

 曼荼羅(まんだら)や、当時の説明では、空海の理想とした世界が描かれ、通常の見学ではあり得ない角度からの眺めなども提示され、たいへん興味深いものでした。

 空海に対する理解が深まりました。

f:id:muroyan:20190426123305j:plain

 

年賀はがきくじ2019 ダブルチャンス賞 結果

 今年の年賀はがきくじは、ダブルチャンス賞があって、先日、当選番号が発表されたので、自分に来た年賀はがきを確認してみました。

 ・・・もちろん、ダメでした。100万本に数本しか当たらない確率みたいです。

 これで、今年の年賀はがきくじはすべて確認し終わりました。また来年、令和の時代になる年賀はがきくじに賭けたいと思います。

f:id:muroyan:20190503104158j:plain

 

ドイツ製の切手ストックブックを購入

 この日のことではありませんが、池袋の東武百貨店、切手売り場で切手を収納するストックブックを購入しました。ドイツ製で税込2700円でした。

 最近は、ホームセンターで買った安いストックブックを使っていましたが、やはりちゃんとしたものが欲しくなり、Amazonでチェックはしたものの、手触りとかそういうのがわからなかったので、現物を見て買えるところにしました。

 切手収納スペースの、台紙が白いものと黒いものがあり、白い方がちょっと安かったですが、背景がブラックの方が切手がより "映える” ような気がして、黒い台紙の方にしました。

 一番高いストックブックはかなり高額で手が出ず、2700円のものでもそこそこ収納スペックがありそうでしたので、落ち着きました。

 ストックブック表紙の色は、緑や青は持っていたので、今回は赤にしました。

 早速、手持ちの記念切手から「国宝シリーズ」などを、新調したストックブックに移しました。楽しい作業でした。

 まだ、欲しい切手はいっぱいあるけど、大人買いは少し控えていきたいと思います。(きりがないので。)

f:id:muroyan:20190505190429j:plain

f:id:muroyan:20190505190443j:plain

f:id:muroyan:20190505190451j:plain

 

古い記念切手を購入 2019.05.05

 前回の購入から1週間足らずで、今日も目白の「切手の博物館」に行き、館内の切手ショップで古い切手をたくさん購入しました。

【鯉のぼり切手】

 この切手のみ、プレミアが付いていて、額面10円のところ、1枚200円で購入しました。切手ショップの人も、「この切手は本当にきれいで、人気なのよ」と言っていました。何気に、日本初のカラー印刷記念切手であります。

【南極条約10周年記念】

 この切手も本当はプレミア付いているらしいんだけど、10枚のまとめ買いやらなんやらで、額面通りに下ろしてくれました。感謝です。額面は15円。

【グリーティング切手】

 切手ショップの掘り出し物コーナーにあったので、衝動買い。額面は1枚80円ですが、「大蔵省印刷局製造」なんて書いてあって、いつ頃の切手なんだろう・・・。シール式です。実際に使うかどうかは、ちょっと迷っています。

【歌舞伎シリーズ】

 平成初期のシリーズ切手。こちらは1枚も持っていなかったので、最初からフルコンプリートで購入しました。藤娘の切手とか、結構きれいです。

【15円切手各種】

 縦長の15円切手を、数種類まとめて購入。お気に入りは「助六」かな。

【高松塚古墳(寄附金付き)】

 前回は縦長の方を購入したので、今回は横長の方を購入。(写真はピンボケしていて、すみません。)今日、50円切手の方も買おうと思っていたけど、忘れてしまいました。また今度・・・。

f:id:muroyan:20190505185954j:plain

f:id:muroyan:20190505185819j:plain

f:id:muroyan:20190505185844j:plain

f:id:muroyan:20190505185909j:plain

f:id:muroyan:20190505185919j:plain

f:id:muroyan:20190505185946j:plain